ルネサンス建築か?バロック建築か?

ルネサンス建築様式の家_20151121
ありがたい事にこの師走に向けた慌ただしさの中でたくさんのお声掛けを頂きました。
対応しきれずにお待ち頂いている状況の中、一つ一つ丁寧にカタチにしていくしかない…そう思いながら少しずつ邁進している昨今です。

その中の1つ。
もうすぐやっと形になる輸入住宅の1邸。
細部のディテイールのバランス、窓の大きさや高さ、屋根の勾配などのエレベーションのディティールの詳細まで進んできました。

スタイルはバロック建築の家がベースです。
ディティールを詰めていくうちにルネサンス…?バロック…?
ルネサンス建築の様な気がしてきた…

簡単にいうと、ルネサンス建築は15-16世紀の古代ギリシャ・ローマ様式を復興させた古典主義建築。
左右対称のシンメトリーとバランスを調和させたデザイン。
円柱やアーチ、軒のコーニスなどの装飾を使用した外観が特徴。

そしてバロック建築は17-18世紀にルネサンス建築の流れを受けながら、更に曲線や、過剰装飾を施した建築。
バロックの語源はポルトガル語で歪んだ真珠と言われ、過剰装飾が特徴でベルサイユ宮殿が代表的建築物。
ベルサイユ宮殿を代表とする

どちらも同じ線上にあるヨーロッパの古典主義建築なのですが、ニュアンスがやはり違い…
そして私の大好きな建築家のアンドレア・パラディオの影響力がどちらにも表現されています。
お施主様の趣味趣向が解ってくると、同じ国のブランドでも好みが若干違う…
そのニュアンスの違いをきちんとカタチにしたい。
そんな微妙な事が意外と大きかったりするので、もう少し悩みながら…近日公開予定です。

一つ一つを丁寧にカタチにしていくしかないですね。笑

明日は輸入キッチンのリノベーションの打合せです。
これも一歩一歩です。笑

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


20周年の嬉しいひと時

ロッキーズ20周年1_20151115
昨日現場から戻ると私のデスクに小さな箱がありました。

ロッキーズ20周年2_20151115
開けてみるとロッキーズ20周年を祝福するケーキがありました。
可愛い社員からのプレゼントです。
嬉しいですね。

今日11月15日はロッキーズコーポレーションの設立20年の記念すべき日です。
昨日は社員からのプレゼントとみんなでディナーに行ってきました。

今いる社員に支えられ、そして20年の間にこのロッキーズで働いてくれた旧スタッフのお蔭で今日があります。
本当にみんなどうもありがとう。

そして取引先、お施主様方のお蔭です。
ありがとうございます。

これからも、それを支えにロッキーズを輝かせていきたいと思います。

今日からがまた新しい一歩の始まりです。
どうぞ宜しくお願い致します。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


ツートンカラーの輸入キッチン4-木製フードカバー

輸入キッチン_木製フードカバー_20151107
輸入キッチンらしいデザインの1つに木製のフードカバーがあります。
クラシックなキッチンデザインですが、これに憧れているお客様も数多くいらっしゃいます。

日本では消防法の規制があり、それをクリアする為に工夫を凝らして加工しています。

それと輸入キッチンはやはり立体感のあるデザインの方がいいですよね。
手前のトールキャビネットと隣のウォールキャビネットの奥行の前後差
ウォールキャビネットと木製のフードカバーの高さの高低差

平坦なデザインではなくて、立体感を出す事で輸入キッチンにボリューム感とリズム感が出ます。
そういうのがデザインの楽しさで、輸入キッチンの面白さ、建築の醍醐味につながって行くのだと思います。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ