輸入キッチンと洗面化粧台の価格・値段について1-一般仕様

輸入キッチンの値段・価格について1_20160321
輸入キッチンや洗面化粧台の価格ってどの位なんだろう?
そう思っているお客様はたくさんいらっしゃいます。
同じ色やカタチの輸入キッチンは2つとないので、それが輸入キッチンのオリジナル性の良さなのですがピンポイントで幾らですと簡単にいう事が出来ません。
同じ大きさの輸入キッチンでも設備機器や天板のグレードでも簡単に値段は変わります。

1つの目安ですが、メリラットのW2700前後の輸入キッチンとW1500-1800前後の食器棚かアイランドにW1200程度の洗面化粧台で施工費込で250万円から350万円の間でご注文頂くお客様が一番多くいらっしゃいます。
もちろん天然石や外国製設備機器をふんだんに使用して500万円を超える輸入キッチンのお客様もいらっしゃいますが、最も多いお客様が3点セットで250万円から350万円の価格帯です。
今回は一般的な仕様、グレードでの輸入キッチンの価格帯の例をご紹介します。

この記事でご紹介する写真はその価格ゾーンに入った実際の輸入キッチンや洗面化粧台です。

輸入キッチンの値段・価格について2_20160321
金額の詳細の目安ですが
●プレーンなドアスタイル
●砂御影程度の人工大理石天板
●20万円台のガスまたはIH オーブンは無し
●18万円前後の換気扇
●ステンレスシンク
●18万円前後の食洗機
●7万円前後のデルタ輸入水栓
●施工エリアは東京近郊(遠方は別途交通費や宿泊費加算)

輸入キッチンの値段・価格について3_20160321
必要最小限のベーシックな輸入キッチンの写真です。
輸入キッチンをお探しのお客様は幾ら安くても扉だけという訳にはいきません。
最低限のモールディングやスパイスラックなどのアクセサリー等があってこその輸入キッチンの風合い。
ロッキーズの輸入キッチンはこのトリムワークは絶対に外しません。

輸入キッチンの値段・価格について4_20160321
この輸入キッチンはとても重厚そうに見えますが、それは床やタイルまでをトータルでデザインをしたからなのですが、上手く作れた輸入キッチンの例です。
この天板は天然御影石なのですが、これが人工大理石でしたらこの価格ゾーンに充分入ります。

輸入キッチンの値段・価格について5_20160321
ドアスタイルは一番プレーンな物。
キッチンとしては大きく感じますが、吊戸棚を使用していないのでコストを減らし、空間のダイナミックさを強調する事で、実際のコスト以上の雰囲気を表現してくれたとても良く作れた一例です。

輸入キッチンの値段・価格について6_20160321
ステンレスシンクをKOHLER社の鋳物のシンクに変えると10万から上がります。
浄水を追加すると最低6万円から上がります。

輸入キッチンの値段・価格について7_20160321
設備機器も外国製大型食洗機やオーブンレンジなどに変更すると20-40万円程値段が上がります。

この価格ゾーンを一つの目安にして天板の種類や設備機器のグレード、ドアスタイルの変更で輸入キッチンはより豪華に使いやすく値段も上がります。
輸入キッチンの金額の半分以上が天板と設備機器のグレードで占めるケースが多いので、お客様の拘りの設備等が何処までなのかも価格を決めるうえで重要なファクターになります。

輸入キッチンの値段・価格について8_20160321
どんな洗面化粧台がこの予算の中に入ってくるのでしょう。
この写真はW1200の最も人気のレイアウトです。
洗面化粧台と3面鏡収納は予算内ですが、カウンター右サイドのオープンキャビネットとモールディングは追加10万円程です。

輸入キッチンの値段・価格について9_20160321
仕様の目安は
●2-3万円程度のコーラーのシンク
●4万円前後のデルタ水栓
●砂御影程度の人工大理石天板
この天板をキッチンと同じ天板にするとロスなく上手く板割が出来て、天板のコストが予想よりも下げられることもあります。
洗面の天板の種類を変えるとW762の洗面の為にW1500の天板を仕入れないといけない事もあります。
天の色を揃えるとそう言ったロスがなくなって同じものが安くなる場合もあります。

輸入キッチンの値段・価格について10_20160321
この洗面化粧台も右サイドのトールキャビネットを除けばこの価格ゾーンです。
3面鏡だと鏡が割れて綺麗に映らないので1枚鏡にしたい…
だけど、そうすると収納がなくなる…
それを左袖壁の埋め込み収納でカバーする。
ドライウォールの紫とのコントラストでとてもかわいい洗面化粧台です。

輸入キッチンの値段・価格について11_20160321
少し解り難いかも知れませんが、この洗面化粧台は両サイドに縦溝のフィラーをつけて少し化粧をし幅もW 1400程度あるのですが鏡はお施主様がご用意されました。
うまくやり繰りできる事もありますね。

輸入キッチンの値段・価格について12_20160321
輸入キッチンと食器棚に予算を使ってしまった場合にはこの様なペデスタル洗面化粧台も費用対効果としては効果的です。
このコーラー社のペデスタルとデルタ水栓で給排水部品を入れても約14万円の定価です。
タオルリングやアクセサリーを追加しても数万円。

3点セットに定価14万円追加で、もう1つペデスタル洗面化粧台を増やす事が出来るという考え方もありますね。

輸入キッチンはその人その人の為にデザインして世界で1つのオリジナルキッチンが出来る、そしてリビング・ダイニングが楽しく華やかになる装飾性を持っていることがその良さなので、価格ありきのお話をすると輸入キッチンの楽しさが隠れてしまいそうですが、価格もお客様にとって重要なファクダーである事は間違いありません。
だから、価格について書かせて頂きましたが価格競争の意味合いではなく皆様が輸入キッチンを描いて頂く際の目安にして頂ければと思います。

もっと高いと思っていた方もいると思います。
やっぱり高いと思った方もいると思います。
こんなもんなんだぁと思った方もいると思います。
皆さんの思った通りです。

価格と共に大切なのは輸入キッチンのデザイン性や楽しい空間。

家族が毎日集まるリビング ダイニング キッチン。
そして毎日食事をしながらコミュニケーションする家の中心。
輸入キッチンから始まる家づくり…
輸入キッチンに価値観を見出して頂ける方はもっと使いやすいグレードアップしたキッチンのお手伝いをさせて頂く方も沢山いらっしゃいます。
私達ロッキーズコーポレーションが皆様の楽しくてお洒落な輸入キッチンのお手伝いが出来ましたら幸いです。

次回は高級仕様の輸入キッチンの価格についてもご紹介していきます。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


湘南の家-輸入キッチン7

湘南の家の輸入キッチン_ウォールキャビネット_20160305
オフホワイトにグレイズ仕上げの塗装は、輸入キッチンのディーティールを引き立たせてくれる。
フルーティッドフィラーと呼ばれる縦溝のフィラー。
こんな些細なアクセントも黄金律の比率によってデザインされグレイジングされると海外の伝統的建築様式の格調があふれ出す。

湘南の家の輸入キッチンのモールディングワーク_20160305
ウォールキャビネット上部と下部のモールディングにも入隅のくぼみにグレイズを施しトリムのディティールと輪郭にメリハリをつける。

モールディングのディティールも計算された寸法。
西洋建築の黄金律からカタチが出来ている。
だからこそ、まねる事の出来ない本物の存在感がそこにある。

輸入キッチンのデザインの楽しいところです。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


建築建材展2016-ありがとうございました。

デルタ水栓_建築建材展2_20160308
4日間で10万人を超える大盛況の展示会が怒涛の如く過ぎました。
私達デルタ輸入水栓のブースにも昨年を超えるたくさんのご来場を頂き誠にありがとうございました。

デルタ水栓_建築建材展1_20160308
朝から夕方までたくさんのご来場の皆様に説明をし、夜はアメリカから来てくれたメーカーの副社長や出展している仲間の業者さん達との懇親会。
連日、数時間の睡眠しか出来なかったですが充実した日々を過ごす事が出来ました。

デルタ水栓_建築建材展3_20160308
世界初のどこに触れても反応するタッチ水栓。
この4日間で何千回タッチされただろう…笑
1台も壊れることなく一番頑張ってくれた一員かもしれません。
そしてたくさんの引き合いと商談を頂戴しました。

皆様のデルタ輸入水栓のブースへのたくさんのご来場、本当にありがとうございました。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ