ルネサンス様式の家_お蔵入り

ルネサンス様式の家_パース1_20160731
ルネサンス様式の家のデザインが出来ました。
今年のロッキーズコーポレーションの魂を込めた海外の伝統的建築様式家づくり。
輸入住宅の中でもルネサンス様式の家。

色んな理由でこのデザインはお蔵入りになってしまいました。
ですが、お話がなくなったわけではありません。
新たなデザインに修正し、プランニングと打合せは続いていきます。

バロック様式の時代ほど派手な装飾ではないが古代ギリシャ・ローマ様式を復興させたシンメトリーとバランスを重視したデザイン。
それがルネサンス様式です。

ルネサンス様式の家_パース2_20160731
私達ロッキーズコーポレーションが得意とする輸入キッチンから始まる家づくり。

日本では輸入住宅と呼ばれていますが、海外の建築様式の家はみな歴史と物語がありそれがデザインとなって表現されています。
言ってみれば理由があるんです。
そのデザインには意味があるんです。

私は建築も輸入キッチンも理由があるモノを創っていきたいと思います。

このルネサンス様式の家のデザインはお蔵入りになってしまったのですが、自分なりには情熱と魂を込めて創ったデザインです。
いつの日か、日の目を見る時が来ればいいなぁ…と思いながらブログに残しておこうと思います。

新しいデザインが決まり進んでいきましたらまたご紹介させて頂きます。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


おしゃれな輸入水栓_デルタ社タッチ水栓のCM


おしゃれな輸入水栓でありながら世界初のどこを触れても反応するタッチ水栓というテクノロジーを兼ね備えたデルタ社の水栓。
このコマーシャルは今アメリカのテレビで流れていて、全米では爆発的な売り上げを上げています。

映像の最後に出てくる赤ちゃんを抱いたお母さんの映像はとくに象徴的です。
両手がふさがっていても簡単に水を出しミルクをつくる事が出来る。
こんなシーンって皆様の生活の中にもたくさんあると思います。

かっこいい水栓、お洒落な水栓…だけでなく最新のテクノロジーを兼ね備えたデルタ社のタッチ水栓。

日本では私達ロッキーズコーポレーションが日本での唯一の正規販売店として20年以上取扱いしています。
最近ではお客様の方からデルタ社のタッチ水栓をご要望頂く事が増えましたが、本当に便利な水栓なのでもっとたくさんの方にご利用頂ける様になればと思います。

コンセントが無いキッチンでも乾電池式なので簡単にタッチ水栓に交換できます。
乾電池の寿命は単三電池6本で約2年、単に電池6本で約5年です。

濡れた手でも反応します。
シャワーヘッド以外どこをタッチしても反応します。
だけど、スパウトを握って水栓の向きを変えている時は、握っているのでタッチじゃないので反応しません。
本当に使いやすい便利な水栓です。

私達ロッキーズコーポレーションのショールームにお越し頂けましたら実際に試して頂けます。
ぜひお勧めのお洒落な水栓でかつ便利な水栓です。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


輸入キッチン_クラフトメイド_お洒落なキッチン画像2

クラフトメイド輸入キッチンのお洒落な画像2_20160724
アメリカの輸入キッチンの最高峰クラフトメイドのおしゃれなデザインセンス。

今流行のダークカラーで昨日はNatural&Warmというデザインスタイルを紹介しましたが、この写真は同じダークカラーでも対照的なClassically Traditionalというデザインスタイルのキッチンです。

クラシカリートラディショナル。
こちらの海外のきれいなキッチンは一転してリッチな高級感と伝統的なトラディショナルスタイルでダークカラーが重厚な雰囲気を醸し出しています。
カウンタートップも天然大理石を使用し、設備機器もビルトインオーブン、食洗機、ガス共にハイエンドの物を使用。
成功者の証というべきか凛とした普遍的な高級感です。

ですがこういった伝統的デザインスタイルの中にも現代のデザインも盛り込まれ古臭くない今時のトラディショナルスタイルを作っています。
昔ほど曲線を多用しすぎずに適度に直線を織り交ぜています。
ガラス戸の格子の直線間、ドアのエッジも丸めずに直角のドアスタイルにする事でシャープ感を出す。
同様に天然石のカウンターの小口も丸めずに直角にする。
ステンレスのアプライアンス=設備機器を多用。

この辺りがクラフトメイドがお洒落でカッコいい輸入キッチンである所以です。
伝統的なデザインスタイルを現代のエッセンスを織り交ぜ、今の時代のデザインに溶け込ませます。
そうやってデザインは進化し、新しい物が生れて行くのだと思います。

2回に渡ってご紹介しましたクラフトメイドの対照的なダークカラーの輸入キッチンのデザインセンス。
いかがでしたでしょうか?

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ