輸入キッチンのメンテナンス

輸入キッチンのメンテナンス1_20160924
6年前にメリラット社の輸入キッチンをご購入頂いたお客様から相談がありました。
輸入キッチンらしい装飾のお皿立てのキャビネット。
とても可愛いディスプレイなのですが、収納も増えてきて扉をつけたいと…

輸入キッチンのメンテナンス2_20160924
輸入キッチンのいいところは、そんなメンテナンスも簡単に対応できます。
日本のメーカーと違って5年やそこらでは廃盤にはなりません。
大人気のお洒落なオフホワイトの輸入キッチンのデザインはおそらくずっと無くならないでしょう。

扉を取り寄せ、中に棚をつけて差し上げました。

輸入キッチンのメンテナンス3_20160924
こんな感じです。
これはこれでまた雰囲気のある収納になりました。
輸入キッチンはデザイン性が高い故、付けても外しても絵になるお洒落なキッチンです。

こうやって、長い間ロッキーズの輸入キッチンをご購入頂いたお客様とは時折ご連絡を頂戴し、細かな工事をさせて頂きます。

その度、ご家族のご様子が変化しキッチンを使う人、家族の人数等がその当時と違っていたり、その歩みと共に一緒に暮らしてきてくれた私達の輸入キッチンが今でも可愛く存在してくれているのを見る度にとても嬉しい気持ちになります。

皆さん大事に使って下さってるんだなぁ…って。
想いを込めてデザインして良かったなぁ…って。
輸入キッチンがいつまでも私達とお客様を繋いでくれているんです。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


本間美紀さんのセミナーに参加してきました

本間美紀さんのセミナー_20160916
昨日は知り合いでもあるキッチンジャーナリストの本間美紀さんのクライアント・謝恩セミナーが南青山のフリッツハンセンのショールームで開催され参加してきました。

今年のヨーロッパで行われたユーロクチーナというキチンや水回りなどの展示会の報告会など楽しい話と、参加者は同業のキッチンメーカー・設備メーカー様達で顔見知りの方達もたくさんいらっしゃってました。

私は20年以上アメリカのクラシックな輸入キッチンに携わってきていますが、こういったヨーロッパスタイルのモダンでスタイリッシュなキッチンの話や動向を伺う事はとても勉強になり参考になります。
ヨーロッパのトレンドがアメリカのトレンドと同じなのか?違うのか?
キッチンのデザインスタイルが斬新で格好良かったりとか。

ただ、これからのキッチンは素材から選ばれていく質感のあるデザインがトレンドとなっている事は共通のようですね。
色もダークカラーやモノトーンが主流です。

ホワイトの輸入キッチンは日本では人気ですが、世界ではシックな大人っぽい色使いのキッチンが増えてきました。
同業の方達と意見交換するというのはとても貴重な時間でした。

それにしても本間美紀さんのセミナーや講演はいつも女性の参加者の方達がたくさんいます。
女性の設計やコーディネーターの方達に大変人気があります。
さすがですね!

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


ホワイトのアメリカン輸入キッチン施工現場2-福島県

福島県でホワイトのお洒落な輸入キッチン施工現場2_20160910
施工後の写真ってまだ養生があったり、壁や天井が仕上がっていないのでなかなか良い写真が撮れないのですが、今回の輸入キッチンの施工写真です。

I型のキッチンと食器棚で比較的コンパクトなデザインですが、ホワイトの輸入キッチンはお洒落ですね。

今回は奥行450mmの食器棚は幅も奥行もタイトなのでたくさんの調理家電を置く事が出来ません。
そこにちょっと拘りのデザインがありまして、ウォールキャビネットに電子レンジを置ける様にデザインしました。
そうする事でその下のカウンターの上にはトースターなどの家電やスパイスなども並べなれます。
カウンター右側上にウォールキャビネットが無いのは蒸気の出る炊飯器やコーヒーメーカーを置く為です。
ウォールキャビネット無くなる事で蒸気によるリスクは減りますが、同時に収納も減ってしまいます。
それを左サイドのトールキャビネットでカバーしました。

炊飯器の上を蒸気の為だけにウォールキャビネットを外したのか?というと、それもまた違いまして…
ウォールキャビネットが横に連なってその右側に冷蔵庫が来ると圧迫感があるので、空間のゆとりとデザインの立体感を得る為にもこの方がモールディングの曲りが作れたり広々と感じれたりする効果もあります。

キャビネットを並べただけのデザインでしたら私達輸入キッチンデザイナーなんて必要なくて、コンパクトなキッチンでもどれだけ使いやすく且つおしゃれにデザインが出来るかを心掛けています。

大きな輸入キッチンもデザインのしがいはありますが、コンパクトなキッチンほど使いやすさやデザインの立体感を追及する楽しさがあったりするものです。

お引渡しの際に写真が撮れたらまたご紹介します。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ