ジェフリースタイルの家10-腐らない木でウッドデッキを作る

腐らない木でウッドデッキを作る_20180317
ウッドデッキの製作に入りました。
実は腐らない木を使用しています。

屋外で50年、地中および淡水中で25年間という耐腐朽菌耐用年数がメーカー保証されています。
素晴らしい材料です。

実は今回の建築には外部の窓枠、水切り、破風などにも多用しています。
木の風合いを生かしながらメンテナンスもフリーにする。

そしてデッキ材も敢えてラフな状態の木を使い最初から時が経っていたかの様に仕上げます。
デッキを作ることで家の表情が出てきました。

木の力強さを表現し野太い家の風合いを表現したいです。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


ジェフリースタイルの家9-外観デザインのお披露目

外観デザインのお披露目_20180305
天気が悪かったのですがブルーシートを取って外観デザインの確認をしました。
右サイドはウッドデッキを作るので足場を外しました。

なぜ足場を外さなかったのか?
それはまだお施主様と外観デザインの確認をしていないからです。
万が一何かあった時に足場が残っていた方が調整しやすいのです。

今回も外観に工業製品を使用していません。
木とガラス、瓦と石だけ。
水切りも木でつくっています。

いつものことながら魂込めてつくっています。
もう少しですが、これからが拘り満載です。

輸入住宅というか外国にある素朴なんだけど雰囲気のある家。
そんな家を目指して作っています。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ


ジェフリースタイルの家8-玄関ポーチの佇まい

ヨークストーンで玄関ポーチを作る_20180228
今日は玄関ポーチの石工事。
玄関の床は大切な家へのアプローチを大きくイメージする空間です。
私は家を作るときに拘る場所です。
玄関のイメージでその家のイメージってしちゃいませんか?

なるべく大きな石を使ってドシッと沈んだ安定感のあるポーチにしたい。
家の座りが重厚になると思う。

今回使用したのはヨーロッパのアンティークな石です。
1メートル角ほどの大きさのモノから大小ちりばめてダイナミックな仕上がりです。
石は大きいと本当にパワーを生み出します。

完成した風合いをイメージして、仕上げ工事を進めています。

いつも読んで頂きありがとうございます。
下記サイトにもたくさんの方のブログが紹介されています。
ぜひご参考にして下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ